生活を素敵に変えるノウハウ満載

世の中には知らない情報が沢山あります。知って得する情報ばかり紹介しています



インフルエンサー・マーケティングについて

 

 

 

 

この記事が役にたった!

↓という方はポチッ!と応援願います

 


生活・文化 ブログランキングへ

 

 

インフルエンサーという言葉の意味は?

マーケティングを勉強していく上でインフルエンサーという言葉を聞くと思いますが、いったいインフルエンサーとは何を指すのでしょうか?

 

下記にインフルエンサーをはじめ各種マーケティングの種類をまとめてみました。

 

マーケティング活動の手助けになればと思います。

 

インフルエンサー(Influencer)】

影響、感化、効果を意味する「Influence」を語源とし、世間に大きな影響力をもつ人や事物を表す。 特に、インターネットの消費者発信型メディア(CGM)において、他の消費者の購買意思決定に影響を与えるキーパーソンを指す。具体的には、好感度の高いタレントやファッションモデル、スポーツ選手や、特定分野に詳しい専門家や知識人、インターネット上で強い影響力を持つ個人ブロガーなどが挙げられるが、 マーケティング会社のブルーカレント・ジャパンでは、「コミュニケーション力」「信頼獲得力」「情報伝播力」をすべて備えた消費者と定義している。よく『広告塔』としてインフルエンサーに芸能人が起用されることが多いが、最近が消費者がそれを察知してあえて芸能人が紹介する物は買わないといったパターンも増えてきている。

企業がインフルエンサーを躍起になって探して起用しようとしても消費者の目は肥えてきているといえる。そこでインフルエンサーマーケティングに対しステルスマーケティングを行うと言ったマーケティング活動がさかんになりつつある。ステルスマーケティングに関しては下の紹介をみてほしい。

 

ステルスマーケティング

ステルスマーケティング(stealth marketing)とは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすること。略称はステマ。アンダーカバー・マーケティングUndercover marketing)とも呼ばれる。 ゲリラ・マーケティングの1つ。

「ステルスマーケティング」という表現自体は比較的新しいものである。だが、このような手法自体がまったく新しいものかというとそういうわけではない。日本で「サクラ」や「ヤラセ」と呼ばれていた手法と類似している手法である。

ただし現代の「ステルスマーケティング」は、現代流のマーケティングの手法が併せて用いられており、現代の消費者の情報収集行動を狙っている。

以前はその商品を売らんが為に広告感むき出しの芸能人をよく見かけていたが、消費者の目が肥えて逆に商品のイメージを落としかねないので、最近ではこのステルスとマーケティングインフルエンサーをうまく結びつけて『あくまでもさりげなく』商品の紹介が出来るマーケティング手法が求められてきている。

Wikipediaもステルスマーケティングの影響を受けているとされる。

CGM 【 Consumer Generated Media 】(消費者育成メディア)

インターネットなどを活用して消費者が内容を生成していくメディア。個人の情報発信をデータベース化、メディア化したWebサイトのこと。商品・サービスに関する情報を交換するものから、単に日常の出来事をつづったものまでさまざまなものがあり、クチコミサイト、Q&Aコミュニティ、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、ブログ、COI(Community Of Interest)サイトなどがこれにあたる。インフルエンサーでも上手な人はさりげなく商品を紹介し企業と提携している人もいる。

 

 

 

 

バズマーケティング(w:Marketing buzz)

バズマーケティング(英語: Marketing buzz,buzz)とは口コミマーケティング(英語版)の時に使われる用語で、消費者やオリジナルマーケティングメッセージを助長するのに役立つ商品やサービスのユーザー、漠然としているが肯定的な連想、興奮、商品やサービスの予想に関する対話を意味する。肯定的な口コミはバイラルマーケティングパブリック・リレーションズWeb 2.0媒体上の広告の目的として一般的である。この用語はマーケティング手法の実行や結果的に生まれる好意の両方を意味している。バズマーケティングの効果が強い(または、強かった)商品としてハリー・ポッターシリーズ、フォルクスワーゲンニュービートルポケットモンスター、ビニー・ベイビー(英語版)やブレア・ウィッチ・プロジェクトなどを擧げられる。

 

 

伝染性マーケティング(w:viral marketing)

バイラルマーケティングの「バイラル」とは、そもそも「感染的な」という意味で、マーケティングの仕組みをウィルスの感染・増殖に例えています。バイラル (viral) とは「ウイルスの」「ウイルス性」という意味であり、転じて「伝染性」となり、人から人へ急速に伝播していく、という意味を表わしています。個人対個人のメディアを通じて、商品やサービスの魅力が口コミ的に広まってゆくさまを表しているのです。

企業などが、マーケティング・メッセージを広く普及させるに当たって、「紹介」や「推奨」といった形で人々の間に相互に伝え合うことを促進・奨励するマーケティング・アプローチ、いわゆる「口コミ(くちコミ)」を期待するマーケティング手法が、「感染していく」つまり「伝播力が強い」という意味で使われています。人から人へ情報が伝わっていく様子をウイルス(コンピュータ・ウイルス)が増殖していくさまに重ね合わせたものです。

 

ソーシャル・マーケティング

ソーシャルマーケティングとは、営利事業組織である企業の利益追求中心のマーケティング(マネジリアル・マーケティング)に対して、社会との関わりを重視するマーケティングの考え方である。

 

マネジリアル・マーケティング

経営者の視点に立ったマーケティング。(Managerial Marketing)

顧客主導でありつつも、経営者的な視点からマーケティングを行おうとするもので、W.レイザーとE.J.ケリーが1958年に著書「マネジリアルマーケティング」で提唱したマーケティング概念。単に顧客のニーズに適応するだけではなく創造的に適応するために、マーケティング担当のみならず、製造や財務部門などの各部門の協力も必要で、さらに経営者による意思決定も必要となる。つまりは、マーケティングを全社的な活動として捉えるようにすること。

 

国際マーケティング

国際マーケティングは、外国を相手にマーケティングを行うこと。インターナショナルなので、国をまたいで商売するイメージ。輸出マーケティングとも言える。

戦後日本の経済発展にともない、グローバル化した日本企業のマーケティング活動は、輸出マーケティングから国際マーケティングへと変質してきた。輸出マーケティングとは、工業製品の大量生産が確立し、国内市場では販売しきれない程の過剰生産能力が形成された場合、余剰商品を海外市場に向けて効果的に輸出するために遂行される企業行動を指す。他方、国際マーケティングとは、多国籍企業が世界中に分散立地させている複数の海外子会社(生産・販売・研究開発拠点など)の活動を有機的に組織化し、原材料・半製品・完成品の国家間移動を企業内貿易として工程化・システム化する方策を意味している。

 

グローバル・マーケティング

グローバル・マーケティングとは、地球規模で事業を展開するために国境を越え、地球全体を一つの市場と捉えて行うマーケティングのことである。現地市場へ適応する(現地適応化)ために、世界規模で多数の子会社や経営・事業部署をもち、資源は価格や品質、流通経路などから安全かつ最もコストのかからない地域を選んで購入し、生産は人件費や労働の質、設備の充実度などを考慮して最も生産性の高い地域で行い、販売は製品への需要や所得水準などから販売成果を推測して、その比重を決める。世界規模でこのような調整を行うことで情報や知識、経営資源を共有し、効率を上げることができる。

多国籍企業で行われているマーケティングである。

近年では世界的な規制緩和による商品のグローバル化(グローバリゼーション)や、インターネットの普及に伴う情報のグローバル化を背景にグローバル・マーケティングの流れはさらに加速しており、大企業のみならず中小企業においても行われている。

1960年代に誕生した国際マーケティングや、1970年代に誕生したソーシャル・マーケティングが発展し、1990年代になってグローバル・マーケティングは誕生した。

 

戦略的マーケティング

マーケティングの諸活動の中で基本的な方向づけを行う次元の戦略を指す。具体的な実行段階の戦略である「マーケティング戦略」と対比してこう呼ばれ、4P政策などの上位概念とされる。具体的には、戦略ドメインの設定から事業コンセプトの決定あたりまでをカバーし、ターゲット・マーケティングがその中心的な手法として用いられている。 

 

ターゲットマーケティング

急速に変化する市場に対応していくためのマーケティング手法。市場の多様なニーズに対応するために、年齢・性別・地域・趣味趣向など、ある種の条件付けによって市場全体を細かく区分、その中で自社の製品やサービスに応じてターゲットを絞り込むことで、自社の製品をその標的市場の特有のニーズに適合させる。この3つのプロセスはそれぞれ、市場細分化(セグメンテーション)、標的市場の選択(ターゲッティング)、商品(製品:プロダクト)のポジショニングと呼ばれ、頭文字からSTPマーケティングと呼ばれることもある。

 

グリーンマーケティング

地球環境に配慮した商品、サービスを提供していくマーケティング手法。エコ・マーケティング

環境問題への意識の高まりから、従来の製品特性やコストより環境に配慮しているものを入手したいというニーズが一般消費者や企業の間で高まっている。グリーン・マーケティングでは、この前提に立って、そうした意識の高いセグメントをターゲットとしてマーケティングを進めることが有効と考える。

我が国では、2001年にグリーン購入法が施行され、国等の機関にはグリーン購入を義務づけ、地方公共団体、企業、国民にもグリーン購入する努力を求めている。

さらに、企業にとってはCSR強化の時流もあり、多くの企業がグリーン購入、環境会計(グリーン会計)導入などを進めている。個人消費者でグリーン・マーケティングの対象となる層は、グリーン・コンシュマーと呼ばれる。一般にグリーン・コンシュマーの顧客は、30代から40代の高学歴、高収入が多い。一方で、いわゆるエコ商品は通常商品より割高になりやすい。コスト競争や消費者の価格志向といった観点から、エコ商品の需要に対する不安や疑問も多く、エコ商品の開発や扱いに消極的な企業もまだ多い。 

 

共生マーケティング(w:Co-Marketing)

共生マーケティング(きょうせいマーケティング:Commensal Marketing, Symbiotic Marketing)」)とは「コ・マーケティング(w:Co-marketing)」ともいい、企業と企業、企業と消費者、国と国、人間と自然が共に生きることを大前提とし、利益(Profit)よりも信頼(Confidence)を最優先する自由市場経済におけるマーケティングをいう。企業同士のコラボレーションはもちろん、企業と消費者がソーシャルメディア等を通じて相互にグローバルに作用し合いながら、コモディティ、コスト、コミュニケーション、チャネル戦略を遂行するというもの。特に消費者の信頼を第一とする食品業界等では関心を持ちはじめ、導入を検討しているところも出ている。企業はかつて公害問題を解決できたのであるから、子育ても介護も、地球環境問題と同様に企業経営の中で社会的コストとして考えていくことになるであろう。

 

リレーションシップマーケティング(関係性マーケティング

顧客と良好な関係を築くことで、長期間に渡って取引を継続しようというマーケティング手法。宿泊施設やWebサイトがリピーターを確保しようとする行動などが、これに当たる。

一回ごとの取引で最大の収入を得ることよりも、顧客に満足感を与えることで次回の取引を行う可能性を上げ、長期的な利益を増やすことを重視している。

データベースマーケティングとの併用によって顧客のニーズに応じたサービスを行うことや、定期的に顧客に働きかけて関係を保ちつづけることなどが重要とされる。この手法が注目される背景には、市場の成熟によって新規顧客の獲得が困難になったことがあると言われている。

 

エリアマーケティング

マス・マーケティングにかわる、成熟市場時代の典型的な市場細分化戦略。市場を単なる商品の売買という抽象的な空間として考えるのではなく、消費者が日常的に生活している生活空間としてとらえ直し、その生活空間(地域)の特性に対応したマーケティング活動を展開すること。地域密着型マーケティングとも呼ばれ、地域生活者の生活意識や生活習慣を把握し、それらを店舗づくりや商品の品揃え、販売促進活動などに反映させるといったキメ細かな対応が重要となる。 

 

マスマーケティング 

"大きな市場全体に対して、単一、大量なマーケティングミックスを展開するマーケティング手法。

大量生産によるコストダウン、単一製品による流通の効率化、市場全体に向けた単一的な広告により、市場シェアを一気に確保してしまう戦略。コカコーラなどが有名。セグメント・マーケティング、One to Oneマーケティングと対比されるマーケティング手法です。 "

 

One to Oneマーケティング

顧客1人1人の好みや価値観、状況の違いを把握・認識し、それぞれのニーズに合わせて異なったアプローチを行おうというマーケティング・コンセプト。考え方やアクションはCRMに大きく重なるといえる。

 従来のマス・マーケティングが顧客をマス(集合体、群れ)ととらえ、それを属性や傾向などの共通項から絞り込み“顧客ターゲット”を設定するというアプローチなのに対し、One to Oneマーケティングは顧客を個としてとらえ、顧客起点の個別アプローチを行う。マス・マーケティングが新規顧客を獲得することを主な狙いとするのに対し、One to Oneマーケティングは既存顧客との双方向で継続的な関係維持を重視したものである。

 

セグメントマーケティング

セグメントマーケティングとは、対象市場を地理以外の視点で分類(セグメンテーション)し、それぞれのセグメントに対して、もしくは、狙いとするセグメントに対してマーケティング活動を展開していくこと。

 

サービスマーケティング

サービス・マーケティングとは、サービス業や製品の付随機能としてのサービスに関するマーケティング。サービスならではの特性を踏まえてマーケティングを展開する。

サービスの持つ、通常の有形製品と異なる特性として、形がない(無形性:intangibility)、生産と消費が同時に発生する(同時性あるいは不可分性:simultaneity・inseparatability)、品質を標準化することが難しい(異質性:heterogeneity)、保存ができない(消滅性:perishability)といった特性がある。例えば、ヘアサロンのセットという技術提供には形がないし(無形性)、店側がサービスを提供(サービスの生産)するのと顧客がヘアセットしてもらう(サービスの消費)は同時であり、やり直しはできない(不可分性)。顧客ごとでセットの要望は異なり、品質を標準化することは難しい(異質性)。そして、顧客の来店がなければ、美容師がサービスを前もって作り保管しておくということはできない(消滅性)。サービス・マーケティングでは、これらの特性をふまえたマーケティングを考える必要がある。

 

 ニューロマーケティング

アンケートやインタビュー等従来からのリサーチ手法では捉えきれない人の無意識から生じる行動原理を、脳の活動から明らかにし、商品開発や広告宣伝などのマーケティング活動に役立てようというアプローチのこと。神経マーケティング、心脳マーケティングとも呼ばれる。

脳科学の計測技術の進化に伴い注目され始めた手法で、アメリカを中心とした海外や日本国内でも研究や調査が行われており、また企業によるマーケティング活動への利用も徐々に進められている。

 

インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングとは広告出稿などに頼るのではなく、興味のある消費者は自ら検索をしたりソーシャルメディアで聞いたりして調べてくれるということを信じて、消費者自身に「見つけてもらう(Get found)」ことを目的としたマーケティング施策。 

 

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、情報を必要としている消費者(見込み顧客)に対して、適切な媒体を使って、適切な内容のコンテンツを送り届け、期待するアクションを促すマーケティング施策。 

自社サイトやブログ、あるいはYouTubeFacebookなどのソーシャルメディア上にコンテンツを投稿して、自社に対する認知や関心を高める施策のことである。 

 

 フラッシュマーケティング

フラッシュマーケティングとは時間や個数などの限定性をアピールして、瞬間的に集客を最大化するマーケティング手法のこと。例えば「今日だけ半額に」、「先着10人には○○をプレゼント」、「24時間以内に購入希望者が100人集まれば、50%割引のクーポンを発行」といった特典を用意する。いわゆるタイムセールと考えて良い。

フラッシュマーケティングの「フラッシュ」はフラッシュモブFlash mob)からきている。フラッシュモブとは、インターネット、とりわけメールや掲示板、ツイッターを介して不特定多数の人間が公共の場に突如集合し、目的を達成すると即座に解散する行為のこと。 ワンタイムオファーなどもフラッシュマーケティングの一種と言えよう。

 

 

この記事が役にたった!

↓という方はポチッ!と応援願います

 


生活・文化 ブログランキングへ